【KUA】2年目春期の制作課題【2021年入学】

KUA政策課題2年目春期 学び
スポンサーリンク

わたしは2021年度から、KUA(京都芸術大学)通信教育部のイラストレーションコースで、イラストの勉強をしています。
入学して2年目の春期の授業が終わりました。

この記事では、春期の授業でわたしが制作した課題の公開と、そこからのふり返りをおこなっています。授業ではどんな課題が出るのかな?と興味がある人の参考になれば幸いです。

補足:
この記事の執筆者は、2021年度3年次編入(一期生)です。
イラストレーションコースの専門科目に絞って紹介します。
内容はいち学生による見解です。正確な情報は大学公式のものを参照ください。

入学2年目の春期に履修した科目

わたしが履修した科目は下記になります。(※単位がとれたもの)

  • デジタル演習AⅡ
  • クロッキーⅡ(着衣)

今年度から学習ペースを変えたので、制作量も少なめになりました。

では、今回制作した作品を見ていきましょう。

制作した課題作品

わたしが描いた課題のイラストです。あくまで一例なので参考程度に見てください。

デジタル演習AⅡ(クリップスタジオ)

課題:CLIP STUDIO PAINTを使用した、キャラクターイラストの制作

デジタル演習AⅡ

デジタルソフトならではの機能を使いながら、自分の描きたい表現にも寄せることができたと思います。
普段はPhotoshopで描くことが多いので、クリスタの3Dやパース機能は便利だと感じました。

クロッキーⅡ(着衣)

課題:指定動画でクロッキーをおこない、それをまとめる

1年次にヌードのクロッキーがあり、2年次では着衣モデルになりました。

なんとなく、描くときの型はできてきたかなと感じます。

まとめ:くり返し学んで変わり続ける

今回の科目はどちらも、昨年度から取り組んでいるものでした。同じ課題を繰り返し制作したわけですが、始めの頃と比べて、自分の表現が明らかに変わったと感じました。

それは描き方や魅せ方の技術が上達した面もあれば、別のスタイルに挑戦している面もあります。KUAに入る前にはやや表現が停滞していたわたしにとって、この変化は新鮮な感覚でした。

課題内容としては、1年次のレベルアップといった雰囲気で、半年や1年間の変化を感じる人もいそうです。どちらも基礎の内容なので、身につき具合や苦手な部分を意識できる課題だと思いました。

科目は単位を取ると再受講できないので難しいですが、同じ課題に再度取り組んで、自分の変化を見るのも良さそうです。

以上、京都芸術大学通信教育部、イラストレーションコースの2年目春期課題を終えての記事でした。

FANBOXで制作ログを公開中

Pixiv FANBOXにて、KUA課題や個人制作のよりこまかな情報をまとめています。

ハチノ ユウダイ|pixivFANBOX
ハチノ ユウダイ/Yudai Hachinoです。 人物やユルかわモンスターなど、オリジナルの絵を描いてます。 BOOTHでは絵のグッズを販売しています。 === For English speakers I also use Ko-fi for donations and art commissions. Yo...

完成作品にいたるまでのスケッチや参考情報は、FANBOXでの限定公開です。
最新記事は全体公開もしているので、ぜひ一度アクセスしてみてください。

▼その他のKUA関連の記事はこちらから確認できます。

京都芸術大学
「京都芸術大学」の記事一覧です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました